ブログ

貴方は、人生の被害者ですか?責任者ですか?それとも。。。。

代謝改善ダイエット・代表サポーターの中山 めぐみです。

クリスマスも過ぎ、今年もいよいよ1週間を残すのみとなりました。

一年を振り返り、来年の目標を立てるこの時期に

皆様に、1日遅いクリスマスプレゼントとして

お話を一つさせていただきますね♡

それは、私がダイエットサポートを始める前に

「クライアントさんの

ダイエットを成功に導くためには

きっと心のフォローも重要!」

と感じて、都内の心理学の先生で

ヒトの心について学んでいた時に

先生から伺ったお話です。

 

「人生の被害者になるか?

 人生の責任者になるか?

 人生の創造者になるか?

 それを決めるのは

自分次第です」

どういう意味か、分かりますか?

被害者というと

事件や事故で被害にあった人という

印象を持つかもしれませんが

ここでいう被害者は

誰かに危害を加えられた人のことを

言うものではありません。

ここで言う「人生の被害者」とは

人生で起こるすべての出来事において受け身で

すべてを環境や、周りの人のせいで

自分はこうなっているという

捉え方しかできなくなっている人のことを言います。

つまり、人生の被害者は

誰かに被害を与えられているのではなく

自分で自分を被害者にしてしまっているのです。

一方「人生の責任者」とは

どんなにつらい状況下にあっても

それを他人や環境のせいにせず

すべての出来事を自分の人生として受け止めることができる人

そして、さらに「人生の創造者」になると

人生においての苦しい状況も

それを自身の財産とし

さらにその苦しい状況を経験したからこその

その後の人生を切り開いていける人

さあ!あなたは

人生の被害者でいたいですか?

人生の責任者になりますか?

人生の創造者を目指しますか?

私は先生からこのお話を聞いたとき、こう思いました。

「やっぱり私は、ダイエット指導の仕事にtryしなければならない。。。」

何故なら、私はかつて太っていた時

自分を人生の被害者だと思っていたから。

生まれたときから3800gの大きな女の子で

実家は料理旅館

親の仕事の関係で、夜ご飯はいつも遅く太りやすい環境。

こんな中で育ったのだから

太っていて当たり前

デブで、誰にも愛されることなどない私は

本当に不幸。。。

そんな風に考えていました。

そして、その考えは

ダイエットに失敗し、リバウンドを重ねるたびに強くなっていきました。

26歳で人生最後のダイエットに向き合ったとき

私はやっと、自分の人生の責任者になり

自分で自分を変えることに成功しました。

 

そして、次の目標は人生の創造者になること

自信が肥満に悩み、苦しんだ経験があるからこそできる

かつての私と同じ悩みを持つ人を助けるお仕事。

ダイエットサポーターとしての道

切り開いていくしかないのだと。

そして私の今があり

来年は、この言葉を胸に

新しい目標を2つ

立てています。

目標の内容は。。。

まだ、内緒(笑)

今年1年を振り返り

来年の目標を立てるこの時期に

私からのプレゼントです。

貴方は人生の

被害者で終わりますか?

責任者になりますか?

創造者を目指しますか?

この言葉が、あなたの2018年にお役に立つことをお祈りして。

 

 

Copyright© 2019 Skin & Body Care Tsukinoishi. All Rights Reserved.