グルテンと腸内環境、そしてダイエットの関係

おはようございます。

ダイエットサポーターの中山めぐみです。

先週は、つくば市からのご依頼で

腸内環境改善のためのお料理教室を

開講させていただきました。

ご参加くださった皆様

ありがとうございました。

今まで銀座・つくば・守谷などで

何度も講座を開講させていただいた

腸内環境改善に関するセミナーでは

腸内環境を悪くし

肥満のほか、肌荒れ

メンタルトラブルの原因にもなる

3つの食材についてお話してきましたが

皆さん、何だったか?覚えてくれていますか?

そう!

①動物性たんぱく

②砂糖

③アルコール

の過剰摂取でしたね。

さらに近年になり、もう一つ

腸壁の炎症を引き起こす要注意食材が

大きく取り上げられていますので

追加情報として、今日はお話しできればと思います。

その正体とは。。。グルテン

皆様も雑誌などで聞いてことがあるのではないでしょうか?

グルテンとは。。。

小麦・大麦などの穀物の表皮の中にある

胚芽と胚乳の部分から生成されるたんぱく質の1種。

グルテンと腸内環境の関係

グルテンは、体質によっては

小腸の免疫システムが反応して

腸壁が炎症を起こすことが

わかってきました。

このような体質の人がグルテンを過剰摂取すると

腸内環境が悪化して

太りやすい身体を作るだけでなく

疲れやすい

すぐにイライラする

やる気が出ない。。。

等の症状が出やすいことも

研究データとして報告されています。

グルテンが多く含まれる食品

そんなグルテンは、どんな食品に多く含まれているのでしょう?


パン

パスタ

ピザ

うどん

ラーメン

お好み焼き・タコ焼き

シリアル

揚げ物の衣

ケーキやお菓子

カレーやシチューのルー

ビール・発泡酒・麦焼酎etc

 

思い当たる人はいませんか?

これらの過剰摂取が

貴方の腸内環境を悪化させ

太りやすくさせているだけでなく

ストレス物質コルチゾールの分泌を促し

イライラや疲れやすさ

さらにPMS(生理前症候群)

更年期・片頭痛などのの原因になっている可能性もあるのです。

朝はパン

お昼はパスタかラーメンなどの麺類が多い。。。。

という方は、その登場頻度を少し

少なくする努力が必要ですね。

*30キロのダイエット成功者中山 めぐみが

貴女の人生最後のダイエットを完全サポート!

「代謝改善ダイエット」の詳しい内容は、こちらから。

http://taishakaizen-diet.com/

関連記事

  1. 七五三 早期予約キャンペーン

  2. セラピスト中山が実体験。4月から3か月で5キロ痩せた方法。

  3. また会いたいセラピストになるための伝え方&発信力

    冷えが肥満や鬱の原因に!?

  4. 代謝改善ダイエット登録ポーター募集に至った思い②

  5. 1品1分でできる!アレンジ冷奴3種盛

  6. 何度も繰り返したリバウンドと挫折の日々

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


  1. 2018.06.26

    何度も繰り返したリバウンドと挫折の日々

  2. 2018.04.11

    〇〇病院のナースステーションで、ダイエットジャーサラダが…

  3. 2018.03.05

    ダイエットサポート卒業生からの写真とお手紙

  4. 2017.06.30

    運動してるのに痩せない!とお悩みだったKさまのダイエット…